【スポンサーリンク】

CJ・マッコラム「エリック・ブレッドソーはミニレブロン」

CJ・マッコラム「エリック・ブレッドソーはミニレブロン」

ベテランポイントガードのエリック・ブレッドソーは、このオフシーズン中のトレードでニューオーリンズ・ペリカンズからメンフィス・グリズリーズに移籍した。

だが、グリズリーズの一員としてユニフォームを着ることなく、さらなるトレードで古巣ロサンゼルス・クリッパーズに移籍。

ここ数年のブレッドソーは低迷しているため、ニコラス・バトゥームやレジー・ジャクソンのようにクリッパーズでNBAキャリアを復活させたいところだろう。

そんな中、ポートランド・トレイルブレイザーズのCJ・マッコラムがブレッドソーについて語った模様。

マッコラムによると、ブレッドソーはロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスのようにオフェンスを牽引できる素晴らしいNBA選手だという。マッコラムのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

僕はエリック・ブレッドソーの大ファン。

彼はミニレブロンのようだ。

身体能力がものすごく高いし、爆発力があるし、チームを導き、牽引することができる。

特にフェニックス・サンズ時代は素晴らしいバスケットボールをプレイしていたよね。

バックスや他のチームでも活躍してきた。

彼ら(クリッパーズ)はレジー・ジャクソンと再契約したから、パトリック・ビバリーを放出しなければならなかったと思う。

僕個人としてはブラッドソーの動きは良いと思うよ。

彼はグッドディフェンダーだし、アグレッシブだし、爆発力がある。

ブレッドソーとレジー・ジャクソン、どちらが先発するかは分からない。

だが、いずせにせよ僕はこの2人のガード選手が好きだ。

ブレッドソーを「ミニレブロン」と形容するのは言いすぎかもしれない。

だが、ブレッドソーがサンズ時代のようなパフォーマンスを取り戻すことができれば、カワイ・レナード不在のクリッパーズにおいて大きなスコアリングオプションとなるだろう。

その意味でも、ブレッドソーにとって来季は今後のNBAキャリアを占う大きな時間になると言えそうだ。

なお、ブレッドソーのサンズ時代と昨季のスタッツは以下の通りとなっている。

サンズ2020-21
出場試合数22471
平均出場時間33.629.7
平均得点18.812.2
平均リバウンド4.83.4
平均アシスト6.03.8
平均スティール1.60.8
平均ターンオーバー2.51.6
FG成功率44.9%42.1%
3P成功率34.0%33.7%
フリースロー成功率81.2%68.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA