【スポンサーリンク】

ウェス・アンセルドJrがスペンサー・ディンウィディーのトレードについて「変化を加えなければならなかった」

ウェス・アンセルドJrがスペンサー・ディンウィディーのトレードについて「変化を加えなければならなかった」

ワシントン・ウィザーズは昨年夏のトレードでスペンサー・ディンウィディーを獲得したものの、2月のトレードでダラス・マーベリックスに放出した。

ディンウィディーはウィザーズでの日々を振り返り、「彼らを悪く言ったことはない」としつつも、チームからカイル・クーズマやケンテイビアス・コールドウェルにパスを回すように要求されていたことを明かした。

この件について、ウィザーズを指揮するウェス・アンセルドJrHCに質問が及んだ模様。

アンセルドJrHCはディンウィディーの発言を受け、次のようにコメントしたという。NBC Sports Washingtonが伝えている。

その件については立ち入るつもりはない。

組織の立場から言うと、その戦略は機能したし、彼は序盤からアグレッシブにプレイしていた。

それに我々はたくさん勝つことができた。

結論として言うと、我々は変化を加えなければならなかった。

何かを得るためには何かを手放さなければならなかった。

彼は本当に才能ある男さ。

良いプレイをしているし、健康だ。

我々はこのトレードで得られる利益を楽しみにしている。

そういうことだ。

我々は前に進み、乗り越えなければならない。

マブスに移籍したディンウィディーは素晴らしいパフォーマンスを見せており、NBAオールスターのルカ・ドンチッチに並ぶボールハンドラーとして活躍している。

ディンウィディーはウィザーズにフィットすることができなかったが、このトレードはディンウィディーに恩恵をもたらすに違いない。

なお、ディンウィディーのウィザーズとマブスでのスタッツは以下の通りとなっている。

ウィザーズマブス
出場試合数447
平均出場時間30.228.6
平均得点12.617.6
平均リバウンド4.72.3
平均アシスト5.85.1
平均スティール0.60.6
平均ターンオーバー1.71.4
FG成功率37.6%56.3%
3P成功率31.0%41.4%
フリースロー成功率81.1%70.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA