【スポンサーリンク】

CJ・マッコラム「常に声を出すような男にはなりたくなかった」

CJ・マッコラム「常に声を出すような男にはなりたくなかった」

先月のトレードでポートランド・トレイルブレイザーズからニューオーリンズ・ペリカンズに移籍したCJ・マッコラムは、ペリカンズの一員としてNBAキャリアベストのパフォーマンスを見せている。

若い選手が多いペリカンズにおいて、現在30歳のマッコラムにはリーダーシップも求められているというが、マッコラムは彼が考えるリーダー像を貫いている模様。

マッコラムによると、常に声を出すのではなく、必要な時に必要なだけ声を出すことが重要だという。

マッコラムはリーダーシップについて次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

声がリーダーシップになる。

それは準備から始まる。

アプローチから始まる。

少しずつ、必要な時に声を出す。

僕は常に声を出すような男になりたくなかった。

いつも声を出していると効果がなくなってしまうと思うんだ。

僕は必要な時に話をするタイプさ。

若手中心に戦ってきたペリカンズにとって、経験と実績あるマッコラムは待望のリーダーと言えるだろう。

マッコラムのリーダーシップはペリカンズに欠けているものを補うに違いない。

ペリカンズは現在ウェスタン・カンファレンス10位。

同11位サンアントニオ・スパーズとのゲーム差は2ゲーム差であるためまだまだ予断を許さない状況が続くが、NBAプレイオフ進出を逃したとしても、ザイオン・ウィリアムソンが復帰するであろう来季は期待できそうだ。

なお、マッコラムのペリカンズ移籍後とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数16580
平均出場時間35.131.6
平均得点26.119.2
平均リバウンド5.03.5
平均アシスト6.73.4
平均スティール1.20.9
平均ターンオーバー2.41.7
FG成功率50.6%45.5%
3P成功率39.3%39.6%
フリースロー成功率71.0%81.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA