【スポンサーリンク】

ザイオン・ウィリアムソンがペリカンズとのコミュニケーションを遮断?

ザイオン・ウィリアムソンがペリカンズとのコミュニケーションを遮断?

2019年のNBAドラフト1位選手であるザイオン・ウィリアムソンは、ニューオーリンズ・ペリカンズに不信感を持っていると噂されている。

ウィリアムソンがNBAデビュー前のプレシーズンで膝を負傷した時、離脱期間は当初6~8週間になると報じられた。

だが、ペリカンズはウィリアムソンの復帰に慎重を期し、ウィリアムソンが復帰できたのは3カ月以上が経ってからだった。

これが原因となり、ウィリアムソンはゼネラルマネージャーのデイビッド・グリフィンやチームのメディカルスタッフを信頼しなくなったと噂されているが、事態は思ったより深刻なのかもしれない。

totalprosports.comによると、ウィリアムソンはオフシーズン中に行われたチームのワークアウトに姿を見せないばかりか、フェニックスではチームメイトのブランドン・イングラムとアシスタントコーチのフレッド・ビンソンを無視し、サマーリーグ期間中はラスベガスに滞在していたものの、チームメイトたちに会うこともなかったという。

ウィリアムソンの両親はペリカンズをよく思っておらず、トレードを望んでいるというが、もし本当にペリカンズとウィリアムソンの関係が悪化しているなら、アンソニー・デイビスのようにいずれはウィリアムソンもトレードで出ていくだろう。

なお、グリフィンGMはウィリアムソンとの関係改善を望んでおり、オーランドでのバブル期間中にウィリアムソンのためにピアノを演奏したというが、ウィリアムソンの心は変わらず、今は会話すらない状態が続いていると報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA