【スポンサーリンク】

アンソニー・エドワーズがスティーブ・カーHCに指摘されたこととは?

アンソニー・エドワーズがスティーブ・カーHCに指摘されたこととは?

2020年のNBAドラフト1位選手であるアンソニー・エドワーズは、ミネソタ・ティンバーウルブズの未来を担うであろう選手のひとりだ。

NBAキャリア2年目の今季は平均21.3得点を記録し、ますますの成長が期待されているエドワーズだが、エドワーズの成長にはゴールデンステイト・ウォリアーズを指揮するスティーブ・カーHCの言葉も影響しているのかもしれない。

エドワーズによると、NBAドラフト前にウォリアーズのワークアウトに参加したところ、カーHCに努力不足を指摘されたという。エドワーズのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

彼らが「ステフがやっている」と言っていたドリルをやった。

走り、ラインにタッチし、シュート。

走り、ラインにタッチし、シュートだ。

5回連続でやらなければならない。

僕にはできなかった。

疲れてしまった。

「これはやりすぎだ」と思ったが、口には出さなかった。

ジョギングしただけだった。

ワークアウトの後、スティーブが僕のところに来て、「もっと速くできないのか?」と言うものだから、僕は「かなり速くやったと思うけど」と答えた。

彼は「もう一度やれ」さ。

その後ディナーに行ったのだが、彼にこう言われたよ。

「もし我々が君を2位で指名したら、君はもっとハードワーカーにならなければならない。君は十分にやっていない」とね。

エドワーズによると、その失敗の経験が大きなモチベーションとなり、今の彼につながっているという。

カーHCはウォリアーズをNBAチャンピオンに導いた名将であり、エドワーズはその名将からの言葉をモチベーションにし続け、NBAスターへの道を歩んでいくことだろう。

なお、ウォリアーズは同年のNBAドラフト2位でセンターのジェイムス・ワイズマンを指名した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA