【スポンサーリンク】

マーカス・スマート「ルディ・ゴベアはすべてのポジションでディフェンスできない」

マーカス・スマート「ルディ・ゴベアはすべてのポジションでディフェンスできない」

ユタ・ジャズのNBAオールスターセンター、ルディ・ゴベアは、今季のNBAディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤー最有力候補のひとりだ。

現時点でミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポがNBAディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーレースのトップを走っていると見られているが、ゴベアにもチャンスは十分あるだろう。

だが、NBA屈指のディフェンダーとして知られるボストン・セルティックスのマーカス・スマートは、ゴベアより彼のほうがNBAディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーにふさわしいと考えているのかもしれない。

スマートはゴベアのディフェンスについて次のように指摘。fadeawayworld.netが伝えている。

ディフェンスについて考えてみよう。

ガードとして、特にスイッチが多く、特にナンバーワンのディフェンシブチームにいるなら、コートにいるすべての相手に注意を払わなければならない。

ディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーを考えてみると、彼(アンテトクンポ)は1番から5番までディフェンスできる。

ルディを批判しているわけではないよ。

だが、ルディはすべてのポジションでディフェンスできない。

僕はできる。

僕はずっとそうしてきたし、うまくやってきているんだ。

スマートはゴベアを批判しているわけではないというが、多くのNBAファンは批判として見るだろう。

先日はゴールデンステイト・ウォリアーズのクレイ・トンプソンからディフェンスをディスられるなど、なにかと軽視されがちなゴベア。

もしゴベアが今季のNBAディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーを勝ち取ったとしても、彼らは納得しないに違いない。

なお、今季のスマートとゴベアのスタッツは以下の通りとなっている。

M・スマートR・ゴベア
出場試合数6862
平均出場時間32.632.2
平均得点12.015.3
平均リバウンド3.914.7
(キャリアハイ)
平均アシスト5.9
(キャリアハイ)
1.1
平均スティール1.70.7
平均ブロックショット0.3
(キャリアワーストタイ)
2.1
平均ターンオーバー2.21.8
FG成功率41.4%70.9%
(キャリアハイ)
3P成功率32.2%0%
フリースロー成功率79.1%69.3%
(キャリアハイ)

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    うーん、スマートは真っ当なこと言ってるだけじゃない?
    べつにいやらしさは感じないけどなぁ

    あと下の人、IPとか証拠を出せる訳じゃないんでしょ?
    自演って決めつけるのは良くない思いますよ

  2. By 匿名

    こんなコメ少ないサイトで自演して草
    バレるってw

  3. By 匿名

    まぁまぁ、そんなにいじめないでやれやww
    でも確かにスマートのツイートは品がないのはわかる。 
    自分の酷いシュート棚に上げて、他の選手のことdisってたもんな (~_~;)
    知的に発言するタイプじゃないし、失言も多い選手

  4. By 匿名

    どっちがアホだよ
    こいつは自分のTwitterやインスタでも同じ手口で発言してるぞ。
    人にアホ言う前によく調べるんだな。
    恥ずかしいねー

  5. By 匿名

    質問に答えただけで陥れてないやろ
    アホか

  6. By 匿名

    スマート必死やなぁ。
    ここでDPOY取れないと、今後賞には中々縁がない選手だから気持ちはわかるが…
    他の選手を貶して自分を上げる発言は品がないよね。

*

CAPTCHA