【スポンサーリンク】

ロシアのチームから元NBA選手が続々離脱

ロシアのチームから元NBA選手が続々離脱

ワシントン・ウィザーズの一員としてプレイした2019-20シーズンを最後にNBAを離れたシャバズ・ネイピアは、現在ロシアのクラブチームであるゼニト・サンクトペテルブルクに所属している。

だが、ロシアがウクライナを侵攻したことを受け、ネイピアはロシアを離れる決断を下したと報じられた。

その他の元NBA選手がロシアのチームを離れる決断を下した模様。

hoopsrumors.comによると、CSKAモスクワに所属するジョエル・ボロンボーイとトルニケ・シェンゲリア、UNICSカザンに所属するジャレル・ブラントリーがチームを離れ、ロシア国外に出る見込みだという。

また、ロシアのチームであるゼニト・サンクトペテルブルクはロシア人以外の所属選手やコーチ、スタッフに母国への帰国を許可したと報じられている。

CSKAモスクワ、UNICSカザン、ゼニト・サンクトペテルブルクは共同で声明を発表し、ユーロリーグに対して1カ月の試合延期を要請したというが、リトアニアのチームであるBCジャルギリスのディレクターはユーロリーグの決定が十分ではないと考え、以下のように語っていた。

我々は軍事侵攻している国のチームとはプレイしたくない。

これが我々の姿勢であり、ユーロリーグとそのクラブチームにはそう提案した。

なお、ユーロリーグは現地28日に緊急会議を開催し、ロシアのクラブチームに対して以下の処分を決定した。

1. ロシアのチームのユーロリーグ(CSKAモスクワ、UNICSカザン、ゼニト・サンクトペテルブルク)と7DAYSユーロカップ(ロコモティブ・クバン)参加資格を停止する。

2. ユーロリーグは状況をモニターし続け、もし好転しない場合、レギュラーシーズンにおけるロシアのクラブチームとの試合を無効とし、そのうえで順位を決定する。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA