【スポンサーリンク】

エリック・ゴードン「今は試行錯誤しているところ」

エリック・ゴードン「今は試行錯誤しているところ」

ヒューストン・ロケッツはこの数年間でクリス・ポールやラッセル・ウェストブルック、ジェイムス・ハーデン、カーメロ・アンソニーというNBAトップクラスの選手たちを失った。

ウェストブルックのトレードで元NBAオールスターのジョン・ウォールを獲得したものの、ウォールとロケッツは試合に出場しないことで合意。

今季のロケッツは完全に若手主体のチームに生まれ変わるわけだが、NBA2016-17シーズンからロケッツでプレイしているエリック・ゴードンにはベテランとしてのリーダーシップが求められるだろう。

そのゴードンがロケッツと自身について語った模様。ゴードンのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

僕のここでの時間はずっと楽しかった。

間違いない。

ここでの初期の頃は殿堂入りポイントガードが2人いたから、ベンチ出場は簡単だった。

今はどんな役割がベストなのか、皆が互いにアジャストしようとしているところなんだ。

今は試行錯誤しているところさ。

プレシーズンを通して解決していくだろう。

シーズンが開幕する前にコーチとじっくり話して解決方法を見つけるよ。

ロケッツは若手のジェイショーン・テイトを先発起用する見込みであり、ゴードンはバックアップとしてプレイすると見られている。

ゴードンにはトレードの噂が出ていたものの、ロケッツ残留がほぼ確定した今、ゴードンはこれまでの経験をもとに若手たちを導くことだろう。

なお、ゴードンの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数27692
平均出場時間29.232.6
平均得点17.816.6
平均リバウンド2.12.5
平均アシスト2.62.8
平均スティール0.50.9
平均ターンオーバー1.92.0
FG成功率43.3%42.5%
3P成功率32.9%36.8%
フリースロー成功率82.5%81.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA