【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビスのジャンパーが離脱期間中に改善?

アンソニー・デイビスのジャンパーが離脱期間中に改善?

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスタービッグマン、アンソニー・デイビスは、ロード6連戦中のどこかで復帰すると見られている。

デイビスはNBAトップクラスのディフェンダーであるため、ディフェンスを問題としているレイカーズにとってデイビスの復帰は大きいだろう。

一方で、今季のデイビスはシュートタッチを掴むことができておらず、その点を懸念する声も少なくない。

だが、復帰後のデイビスはNBAキャリアベストのアウトサイドシュートを撃つかもしれない。

lakersdaily.comによると、デイビスは離脱期間中にジャンパーの練習に徹底的に取り組んだという。

指揮官のフランク・ボーゲルHCはデイビスを5番のポジションで、レブロン・ジェイムスを4番のポジションで先発させると見られている。

今季のデイビスの3P成功率はわずか17.9%にとどまっているが、もし30%台に回復することができれば、ジェイムスやラッセル・ウェストブルックなどのドライブがより容易になるだろう。

なお、デイビスの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数27591
平均出場時間35.434.4
平均得点23.323.8
平均リバウンド9.910.2
平均アシスト2.92.3
平均スティール1.2
(キャリア1.4ワーストタイ)
1.4
平均ブロックショット2.02.3
平均ターンオーバー2.22.0
FG成功率52.1%51.4%
3P成功率17.9%30.4%
フリースロー成功率72.7%
(キャリアワースト)
79.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA