【スポンサーリンク】

ウェス・アンセルドJrHCが考える八村塁とトーマス・ブライアント復帰後のローテーションとは?

ウェス・アンセルドJrHCが考える八村塁とトーマス・ブライアント復帰後のローテーションとは?

オフシーズン中のトレードでスペンサー・ディンウィディやカイル・クーズマ、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、モントレズ・ハレルなどを獲得したワシントン・ウィザーズは、素晴らしいスタートを切った。

だが、現在3連敗中と勢いが失われつつある。

とはいえ、昨季スターターの八村塁とトーマス・ブライアントが復帰すれば、再び勢いを取り戻すことができるだろう。

では、指揮官のウェス・アンセルドJrは八村塁とブライアント復帰後のローテーションをどう考えているのだろうか?

hoopsrumors.comによると、八村塁とブライアント復帰後はダービス・バータンズとコリー・キスパートの出場機会が減少し、パワーフォワードのポジションでプレイしているクーズマがスモールフォワードに変更、八村塁が従来通りパワーフォワードのポジションにスターターとして入る可能性があるという。

先発センターのポジションでプレイしているダニエル・ギャフォードはベンチ要員に戻り、サイズとアウトサイドシュートがあるブライアントがスターターに戻ると見られている。

また、八村塁の復帰に伴い、ダニ・アブディアの出場時間も減少するだろう。

八村塁とアブディアはウィザーズにとって重要な選手であり、チームのディフェンスは確実に高まるに違いない。

なお、八村塁は現地8日に終わるロード3連戦後からチーム練習に加わり、ブライアントは2週間以内に練習に復帰できるとされている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA