【スポンサーリンク】

スティーブン・アダムス「メンフィスでの僕の評判は良くない」

スティーブン・アダムス「メンフィスでの僕の評判は良くない」

ベテランビッグマンのスティーブン・アダムスは、先日のトレードでニューオーリンズ・ペリカンズからメンフィス・グリズリーズに移籍した。

トラディッショナルなセンターであるアダムスにはインサイドを支配する働きが求められるが、アダムスにはグリズリーズのレジェンドと激しいバトルを繰り広げた過去があるため、グリズリーズのファンから歓迎されるか心配しているのかもしれない。

アダムスによると、過去にザック・ランドルフと激しいバトルを繰り広げたため、グリズリーズのホームではしばしばブーイングを浴びているという。アダムスのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

僕のここでの評判は良くない。

なぜなら、ルーキーの時にZ-Bo(ランドルフ)が僕の顔面にパンチを見舞い、そのせいで彼らは第7戦を落としてしまったんだ。

あのバトルのことはよく覚えている。

なぜなら、彼らは本当にへこたれないチームだったからね。

(オクラホマシティ・サンダーは)へこたれないチームだった。

メンフィスはへこたれないチームだった。

メンフィスは常に昔ながらの気骨があるチームとして知られているんだ。

対戦することで彼らの文化が分かったと思う。

だが、その一部になったわけだから、どのようなものなのか見てみないとね。

アダムスはタフなファイタータイプのビッグマンだ。

ランドルフとのバトルはあったものの、タフな精神を持つアダムスをグリズリーズファンは両手を広げて迎え入れるだろう。

タフな選手が揃っているグリズリーズにおいて、アダムスにはさらにタフなチームに引き上げる働きを期待したい。

なお、アダムスの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数58588
平均出場時間27.726.9
平均得点7.69.6
平均リバウンド8.97.7
平均アシスト1.91.2
平均スティール0.90.9
平均ブロックショット0.7
(キャリアワーストタイ)
1.0
平均ターンオーバー1.31.4
FG成功率61.4%59.1%
フリースロー成功率44.4%
(キャリアワースト)
54.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA