【スポンサーリンク】

ニックスがミッチェル・ロビンソンと延長契約か?

ニックスがミッチェル・ロビンソンと延長契約か?

ニューヨーク・ニックスのミッチェル・ロビンソンはNBAキャリア3年目となった昨季、足の骨折により途中離脱を余儀なくされた。

ロビンソンの離脱中にナーレンズ・ノエルが覚醒し、ロビンソンにはトレードの噂が浮上。

だが、ニックスはNBA屈指のリムプロテクターになるポテンシャルを秘めたロビンソンを高く評価しているのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、ニックスはNBA2021-22シーズン開幕までにロビンソンと延長契約を結ぶことに前向きだという。

ロビンソンは4年4400万ドルの延長契約の価値があると見られている。

もしロビンソンが健康をキープし、着実に成長することができれば、ニックスにとって大きなオプションになるのは間違いない。

4年の延長契約を結ぶことができれば、ロビンソンのモチベーションも高まることだろう。

なお、ニックスは先日、ロビンソンにNBA2021-22シーズンのオプション(180万ドル)を行使した。

ロビンソンの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数31158
平均出場時間27.522.9
平均得点8.38.4
平均リバウンド8.1
(キャリアハイ)
7.0
平均アシスト0.5
(キャリアワースト)
0.6
平均スティール1.1
(キャリアハイ)
0.9
平均ブロックショット1.5
(キャリアワースト)
2.1
平均ターンオーバー0.80.6
FG成功率65.3%
(キャリアワースト)
70.5%
フリースロー成功率49.1%
(キャリアワースト)
56.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA