【スポンサーリンク】

エリック・ゴードン獲得に動くべきNBAチームとは?

エリック・ゴードン獲得に動くべきNBAチームとは?

ベテランガードのエリック・ゴードンは、契約をあと2年残している。

所属するヒューストン・ロケッツは若手中心のチームに生まれ変わる見込みであるため、ゴードンなどベテラン選手たちの出場機会は減少していくだろう。

つまり、ロケッツは良いオファーがあればゴードンのトレードに応じる可能性があるが、現時点ではどのNBAチームがゴードン獲得を狙うべきなのだろうか?

clutchpoints.comによると、デンバー・ナゲッツ、ダラス・マーベリックス、インディアナ・ペイサーズがゴードン獲得に動くべきNBAチームだという。

ナゲッツではジャマール・マリーがしばらく離脱する見込みであるため、スコアリングを補いたいところだ。

ゴードンはアウトサイドシュートとドライブを兼ね備えたNBA選手であり、ナゲッツに不足しているものを補うことができる。

マリー復帰後もローテーションに定着し、ベテランのリーダーシップを発揮してナゲッツを牽引することができるだろう。

一方、このオフシーズン中にティム・ハーダウェイJrと再契約し、さらにシューターのレジー・ブロックを獲得したマブスは、ルカ・ドンチッチをサポートできる選手を探している。

ゴードンはスターターとして起用されないだろうが、確実にベンチの強化につながるだろう。

特にティム・ハーダウェイJrはベンチに下がった時は、ゴードンの真価が発揮されるに違いない。

ペイサーズについては、以前からゴードンに関心を持っており、今年のNBAドラフト前にトレードを話し合ったと報じられた。

もし来年2月のトレード期限までゴードンが売れ残っているなら、ペイサーズがオファーを出す可能性は高いと見られている。

果たしてゴードンはこのままロケッツの一員としてNBA2021-22シーズン開幕を迎えるのだろうか?

なお、ゴードンの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2020-21NBAキャリア
出場試合数27692
平均出場時間29.232.6
平均得点17.816.6
平均リバウンド2.12.5
平均アシスト2.62.8
平均スティール0.50.9
平均ターンオーバー1.92.0
FG成功率43.3%42.5%
3P成功率32.9%36.8%
フリースロー成功率82.5%81.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA