【スポンサーリンク】

マルコム・ブログドン 大腿直筋断裂で長期離脱か?

ミルウォーキー・バックスの先発ガード、マルコム・ブログドンが、長期離脱を余儀なくされるかもしれない。

clutchpoints.comによると、ブログドンは左の大腿直筋を断裂し、週単位で状態を確認していくという。

大腿直筋(だいたいちょっきん、Rectus femoris muscle)は、人間の大腿骨を起始とする筋肉で股関節の屈曲や膝関節の伸展を行う。 下前腸骨棘から起こり、膝蓋骨の上縁中央から膝蓋靭帯をへて脛骨粗面に停止する。 外側広筋、内側広筋、中間広筋と一緒に大腿四頭筋を構成している。

Wikipediaより

ペイサーズは現地6日の時点でイースタン・カンファレンス5位。

同8位のオーランド・マジックとは10ゲーム差あるため、プレイオフ進出の可能性は極めて高い。

だが、より上位で進出するためには、キャリアベストのシーズンを送っているブログドンの離脱は大きな痛手となりそうだ。

なお、今季のブログドンは48試合に出場し、平均30.7分のプレイで16.3得点(キャリアハイ)、4.7リバウンド(キャリアハイ)、7.1アシスト(キャリアハイ)、FG成功率43.9%(キャリアワースト)、3P成功率31.3%(キャリアワースト)を記録。

キャリアを通してミルウォーキー・バックスとペイサーズでレギュラーシーズン通算235試合に出場し、平均28.6分のプレイで13.5得点、3.8リバウンド、4.3アシスト、FG成功率47.2%、3P成功率38.5%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA