【スポンサーリンク】

ブラッドリー・ビールを今も悩ます敗戦とは?

ブラッドリー・ビールを今も悩ます敗戦とは?

ワシントン・ウィザーズは昨年夏のトレードでラッセル・ウェストブルックを放出したものの、カイル・クーズマやケンテイビアス・コールドウェル・ポープなど複数の即戦力を獲得した。

シーズン序盤のウィザーズは素晴らしい戦いを見せ、NBAプレイオフ進出の期待が高まったが、時間が経つに連れて調子を落とし、イースタン・カンファレンス12位で今季を終えた。

そんな中、NBA屈指のスコアラーであるブラッドリー・ビールが、NBAキャリアの中で最も悔やまれる敗戦を明かした模様。

ビールによると、NBAプレイオフ進出がかかった重要な試合でシカゴ・ブルズに敗れたことが、今も後悔として残っているという。ビールのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

2年か3年前だったと思う。

僕たちはシカゴに敗れ、プレイオフに進出できなくなったと思う。

ラス(ラッセル・ウェストブルック)が来る前の年だったかな。

あの敗戦は本当に悔しかった。

おそらく最も大きな敗戦のひとつだったんじゃないかな。

なぜなら、僕はプレイオフにものすごく行きたかったからね。

あの敗戦は今も僕の中に残っている。

本当に悔しかったんだ。

ビールは先日、「勝てるチームに行きたい」と明かした。

ビールは来年夏にFAになる予定であり、もしウィザーズが来季もNBAプレイオフ進出を逃せば、ビールの移籍の可能性は高まるだろう。

果たしてウィザーズはNBAプレイオフ復帰を果たし、ビールを留めることができるだろうか?

なお、ビールの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数40645
平均出場時間36.034.8
平均得点23.222.1
平均リバウンド4.74.1
平均アシスト6.6
(キャリアハイ)
4.2
平均スティール0.9
(キャリアワーストタイ)
1.1
平均ターンオーバー3.42.4
FG成功率45.1%45.6%
3P成功率30.0%
(キャリアワースト)
37.2%
フリースロー成功率83.3%82.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA