【スポンサーリンク】

ジェイソン・キッドHC「レフェリーにはデッドボールの時に話をしなければならない」

ジェイソン・キッドHC「レフェリーにはデッドボールの時に話をしなければならない」

ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチは、NBAを代表するスーパースターのひとりだ。

それと同時に、レフェリーに対して頻繁に不満をぶつけることでも知られている。

現地3日に行われたニューオーリンズ・ペリカンズ戦でもレフェリーのジャッジに不満を感じ、マブスを勝利に導くことができなかったドンチッチ。

この件について指揮官のジェイソン・キッドHCが言及した模様。キッドHCのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

レフェリーがジャッジを覆すことはないから、ルカはプレイし続けなければならない。

コールされることはないだろう。

オフィシャルはコールを変えるためにゲームを止めない傾向がある。

試合中にはデッドボールがあることを理解しなければならない。

その時にレフェリーに話をすべきだ。

我々が改善しなければならないことのひとつは、トランジションディフェンスだ。

ゲームが続いているのにコールを求めていると、自分たちを危険にさらしてしまうことがある。

6点に抑えることができたところを25点許してしまったんじゃないかな。

もう少し重要視しなければならない。

オフィシャルに話しかけるタイミングについては、チームとしてもっと理解しなければならないと思う。

ルカに限ったことではないがね。

ドンチッチは比較的短気なタイプのNBA選手であり、テクニカルファウルをコールされることも少なくない。

それは以前から言われていることであり、ドンチッチにとっては大きな課題のひとつと言えるだろう。

なお、ドンチッチはキッドHCの指摘を受け、以下のように反応した。

Jキッドが言ったことは的を射ている。

僕はあのようなことはやめなければならないね。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA