【スポンサーリンク】

マイルズ・ターナー「僕は自分の価値を理解していると言っただけ」

マイルズ・ターナー「僕は自分の価値を理解していると言っただけ」

インディアナ・ペイサーズが再建期に入り、ドマンタス・サボニス、マイルズ・ターナー、カリス・レバートなど主力のトレードも厭わないと報じられた後、ターナーはペイサーズでの役割に不満を漏らした。

ターナーが「適切に評価されていない」などとしたため、多くのNBAファンはターナーが他のチームへのトレードを希望していると感じたことだろう。

また、一見ペイサーズを攻撃しているような発言でもあるため、ターナーに対する批判も少なくないというが、ターナーがこの件について釈明した模様。

ターナーは先日の発言について次のように説明したという。fadeawayworld.netが伝えている。

僕は「自分の価値を理解している」と言っただけだ。

僕は自分自身を高く評価している。

僕はそう表現した。

組織の誰かを攻撃しているわけではないよ。

僕は自分が感じたことを表現したまでさ。

NBA屈指のショットブロッカーであり、アウトサイドシュートも撃てるターナーには、多くのNBAチームが関心を示していると噂されている。

現在25歳のターナーにとってはより出場時間をもらえるNBAチームでプレイしたほうが成長につながりそうだが、ペイサーズはターナーをどう評価し、どう対処するのだろうか?

なお、ターナーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数27416
平均出場時間29.428.7
平均得点13.112.7
平均リバウンド7.4
(キャリアハイ)
6.7
平均アシスト0.91.2
平均スティール0.60.7
平均ブロックショット2.72.3
平均ターンオーバー1.31.3
FG成功率53.1%
(キャリアハイ)
48.9%
3P成功率39.8%
(キャリアハイ)
35.7%
フリースロー成功率71.6%
(キャリアワースト)
76.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA