【スポンサーリンク】

エバン・フォーニエ「先発メンバーのオフェンスは停滞している」

エバン・フォーニエ「先発メンバーのオフェンスは停滞している」

今季のニューヨーク・ニックスには、昨季以上の成績が期待されている。

オフシーズン中にケンバ・ウォーカーやエバン・フォーニエなどを獲得し、ロスターを補強したニックス。

だが、先発メンバーはケミストリーを構築することができず、先発メンバーの5人全員がプラスマイナスでマイナスだという。

これを受け、フォーニエは以下のように指摘。hoopsrumors.comが伝えている。

先発メンバーが揃ってコートに立つと、オフェンスが非常に停滞してしまう。

(シーズン)序盤は本当に良かった。

シュートが入っていたし、ボールをシェアしていた。

だが、今はそれほど良くない。

シュートを外しているから良いプレイができていないのか、ボールをシェアしていないからシュートをミスしているのかだ。

フォーニエはオフシーズン中に4年7800万ドルの契約でニックスに入団。

だが、ここ数試合はクラッチタイムでベンチに下げられることが多く、十分に貢献できていない。

先発メンバーのオフェンスが停滞しているのは、ボールをポゼッションするタイプのウォーカーとジュリアス・ランドルが同時にコートにいるためとも見られている。

ランドルはボールポゼッションが少なければフラストレーションを溜め、無理なオフェンスをしてしまいがちだというが、ニックスとしてはこの状況を早く抜け出したいところだろう。

果たして名将トム・ディボドーHCは現状を改善し、ニックスを2年連続でNBAプレイオフ進出に導くことができるだろうか?

なお、フォーニエの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数13578
平均出場時間29.228.5
平均得点13.214.3
平均リバウンド3.22.8
平均アシスト1.92.6
平均スティール1.10.9
平均ターンオーバー1.31.6
FG成功率41.3%
(キャリアワースト)
44.9%
3P成功率36.0%37.9%
フリースロー成功率76.4%80.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA