【スポンサーリンク】

スペンサー・ディンウィディがカイリー・アービングについて「僕はジャッジする人間ではない」

スペンサー・ディンウィディがカイリー・アービングについて「僕はジャッジする人間ではない」

NBAオールスターガードのカイリー・アービングは、接種を完全に済ませない限りブルックリン・ネッツのチーム練習および試合に参加することができない。

試合に出場するためにはトレードで他のNBAチームに移籍するという手もあり、最近ではシャキール・オニールなどがアービングにトレードを勧めている。

そんな中、昨季アービングとチームメイトだったワシントン・ウィザーズのディンウィディが、アービングの状況に言及した模様。ディンウィディのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

誰にでもそれぞれの決断がある。

僕が彼のために決断するわけではない。

どんな形であれ、ファッションであれ、人生であれ、彼は彼にとって最善のことをしなければならない。

僕はそれをジャッジする人間ではないよ。

ネッツはアービング不在にもかかわらず9勝4敗、イースタン・カンファレンス2位と、まずまずの戦いを見せている。

だが、もしアービングがいればより好成績を残すことができるだろう。

現時点でアービングの復帰の見通しはまったく立っていないが、少なくとも今季中にアービングのプレイが見られることを願いたいところだ。

なお、アービングの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数54582
平均出場時間34.933.9
平均得点26.922.8
平均リバウンド4.83.8
平均アシスト6.05.7
平均スティール1.41.3
平均ターンオーバー2.42.6
FG成功率50.6%
(キャリアハイ)
47.0%
3P成功率40.2%39.1%
フリースロー成功率92.2%
(キャリアハイタイ)
88.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA