【スポンサーリンク】

トレバー・アリーザ「レイカーズ復帰の決め手は息子」

トレバー・アリーザ「レイカーズ復帰の決め手は息子」

ベテランフォワードのトレバー・アリーザは、このオフシーズン中にロサンゼルス・レイカーズと契約した。

アリーザがレイカーズのユニフォームを着るのはNBA2008-09シーズン以来だ。

トレードによる移籍を繰り返した後、ロサンゼルスに戻ってきたアリーザ。

では、なぜアリーザはレイカーズを移籍先として選んだのだろうか?

アリーザによると、ロサンゼルスで暮らしている息子の影響が大きかったという。アリーザのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

(レイカーズ移籍の決め手となったのは)息子のトリスタンだ。

何度もトレードされるようになってから、彼は僕が他の場所にいることにうんざりし、僕に家に居て欲しいと思うようになった。

バスケットボール以外では、彼の影響が最も大きかったんだ。

レイカーズには歴史がある。

最多優勝回数タイのフランチャイズだ。

誰もがこのジャージーを着たいと思っている。

ただ、ラス(ラッセル・ウェストブルック)がトレードされた後、彼からすぐに電話があったんだ。

「調子はどうだい?君に話さなければならないことがある」とね。

僕は「僕に何を話したいんだ?」と返した。

ラスは僕のお気に入りだ。

常に連絡を取り合っているし、(レイカーズ移籍の決め手のひとつは)ラスだろうね。

アリーザによると、ウェストブルックのトレードが決まった20分後に電話がかかってきたという。

新生レイカーズの選手たちのほとんどは旧知の仲であり、互いを理解している。

年齢の懸念はあるものの、ケミストリーについては問題ないだろう。

ここ数年トレードを繰り返しているアリーザには、今度こそレイカーズをホームとするパフォーマンスを期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA