【スポンサーリンク】

ディアンドレ・ジョーダンが古巣ネッツとのプレシーズンゲームを前に「レイカーズを助けることに専念する」

ディアンドレ・ジョーダンが古巣ネッツとのプレシーズンゲームを前に「レイカーズを助けることに専念する」

ロサンゼルス・レイカーズは現地3日にスタートするプレシーズン初戦でブルックリン・ネッツと対戦する予定だ。

このオフシーズン中にレイカーズに移籍した元NBAオールスターセンター、ディアンドレ・ジョーダンは、早くもかつてのチームメイトたちと戦うことになる。

ジョーダンによると、ネッツには今も連絡を取り合っている友人が多くいるが、今はレイカーズの一員としてプレイすることに専念しているという。

ジョーダンは古巣ネッツとの対戦を前に、次のようにコメント。The Orange County Registerが伝えている。

彼ら(ネッツの選手たち)のことは今も大好きだよ。

だが、「あぁ、(ネッツに)残留すべきだった」とは思っていない。

僕は今いる場所のことを考えているし、このチームの男たちと共にレイカーズを助けることに専念しているんだ。

レイカーズはNBAオールスターのアンソニー・デイビスを5番のポジションで先発させる予定であり、セカンドユニットのビッグマンにはジョーダンもしくはドワイト・ハワードが起用される見込みだ。

現時点では、フランク・ボーゲルHCのシステムの下でプレイした経験があるハワードが優勢と言えるだろう。

だが、ジョーダンによると、練習中はハワードとタフなバトルを繰り広げており、切磋琢磨しながら互いを高め合っているという。

彼とのバトルは楽しいよ。

彼は今も変わらずブロックショットできるし、オフェンスでも力を発揮しているんだ。

ハワードは現役NBA選手の中で最多となる通算リバウンド(1万4271)と通算ブロックショット(2192)、7位となるFG成功率(58.6%)を記録。

一方、ジョーダンは2位となる通算リバウンド(9878)、4位となる通算ブロックショット(1467)、1位となるFG成功率(67.4%)を記録している。

素晴らしいNBAキャリアを送ってきたジョーダンとハワードはこれからも競い合い、レイカーズのインサイドを押し上げることだろう。

まずは現地3日のネッツ戦でのパフォーマンスを楽しみにしたいところだ。

なお、ジョーダンとハワードのNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

D・ジョーダンD・ハワード
出場試合数9321182
平均出場時間27.432.6
平均得点9.416.2
平均リバウンド10.612.1
平均アシスト1.01.4
平均スティール0.60.9
平均ブロックショット1.61.9
平均ターンオーバー1.42.8
FG成功率67.4%58.6%
3P成功率8.3%15.9%
フリースロー成功率47.5%56.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA