【スポンサーリンク】

カイリー・アービング「残りのキャリアもブーイングされるだろう」

カイリー・アービング「残りのキャリアもブーイングされるだろう」

ブルックリン・ネッツのNBAスター、カイリー・アービングが、現地6日にボストン・セルティックスのホームアリーナであるTDガーデンに凱旋した。

アービングとセルティックスファンの関係は誰もが知るところであり、この日のセルティックスファンは予想通りアービングに大ブーイングを浴びせたわけだが、アービングもブーイングと付き合っていく覚悟を決めたのかもしれない。

アービングはセルティックスファンからのブーイングについて、次のようにコメントしたという。larrybrownsports.comが伝えている。

僕の残りのキャリアを通し、ここ(TDガーデン)に来るたびにブーイングされるだろう。

そうなるのは分かっている。

軽蔑されたガールフレンドのようなものさ。

ここを去った理由の説明を求められ、今もメールの返信を期待されているんだ。

試合終盤にはセルティックスのジェイレン・ブラウンのフリースローだったにもかかわらず、セルティックスファンはブラウンに声援を送るのではなく、アービングに「カイリー・サックス!(カイリー最低)」と罵声を浴びせ続けた。

https://twitter.com/PubSportsRadio/status/1500569493357142025

NBAオールスターのジェイソン・テイタムが会場を落ち着かせようとしたが、ファンにまったく響かなかった様子を見ると、アービングにはこれからも強烈なブーイングが集中するだろう。

なお、この日はセルティックスが126-120で勝利した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA