【スポンサーリンク】

ヤニス・アンテトクンポ「NBAの顔になるかならないかは気にしていない」

ヤニス・アンテトクンポ「NBAの顔になるかならないかは気にしていない」

ミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポは、名実共にNBAを代表するスーパースターだ。

2度のMVP選出を誇り、昨季はバックスを50年ぶりとなるNBAチャンピオンに導いたアンテトクンポ。

だが、これまで数々の賞を受賞してきたにも関わらず、「アンテトクンポはNBAの顔にはなれない」と指摘するNBAアナリストもいる。

しかし、そういった論評がアンテトクンポに響くことはなさそうだ。

アンテトクンポによると、NBAの顔として知られるのではなく、ハードワーカーとして知られたいという。アンテトクンポのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

NBAの顔になるならないは気にしていない。

KD(ケビン・デュラント)や(ジェイムス・)ハーデンはNBAの顔になれる。

僕はただ子どもたちや家族と一緒にいたい。

ただ勝利し、ゲームを楽しみたい。

ハードワーカーのヤニスでありたいんだ。

アンテトクンポはアンストッパブルなNBAスーパースターだが、NBA選手としての評価はデュラントのほうが高い。

だが、アンテトクンポはまだ26歳と若く、これからのNBAはアンテトクンポを中心として回っていくだろう。

アンテトクンポが「NBAの顔」として認識されるのは間違いないだろうが、アンテトクンポがその地位にあぐらをかき、努力を怠ることはなさそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA