【スポンサーリンク】

ジェイムス・ハーデンはネッツで孤立していた?

ジェイムス・ハーデンはネッツで孤立していた?

NBAオールスターガードのジェイムス・ハーデンは、シーズン中のトレードでブルックリン・ネッツからフィラデルフィア・セブンティシクサーズに移籍した。

ハーデンはネッツの不安定なロスターとローテーションに不満を感じ、ネッツにトレードを求めていたというが、ハーデンはネッツのロッカールームで居場所を失っていたのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、NBAオールスターフォワードのケビン・デュラントは常にカイリー・アービングやチームメイトたちをサポートする姿勢を示していたものの、デュラントの発言はハーデンにとって耳障りかつ偽善的だったという。

ネッツのトレーニングキャンプがスタートした時、デュラントはハーデンのコンディションの悪さに驚いたと噂されている。

その影響が表れたのか、ハーデンはシーズン開幕後も十分なパフォーマンスを見せることができず、ハムストリングの怪我を理由に離脱すると、ハーデンとデュラントの関係は悪化。

ハーデンとデュラントの対立が解消することはなく、チームメイトや指揮官のスティーブ・ナッシュ、ゼネラルマネージャーのショーン・マークスも仲裁できなかった結果、ハーデンはネッツのロッカールームで孤立したと報じられている。

その後ハーデンはトレードでシクサーズに移籍したわけだが、シクサーズでも一貫したパフォーマンスを見せることができていない。

一部では「ハーデンの全盛期はもう終わった」と評価されている中、ハーデンにとってこのNBAプレイオフは自身を再び証明する大きな機会となるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA