【スポンサーリンク】

トレバー・アリーザが右足首手術で8週間以上離脱

トレバー・アリーザが右足首手術で8週間以上離脱

ロサンゼルス・レイカーズに復帰したベテランフォワード、トレバー・アリーザが、NBA2021-22シーズンの開幕戦に出場できなくなってしまった模様。

レイカーズのサイドレポーターを務めるマイク・トゥルーデルによると、アリーザは現地6日に右足首の関節鏡視下手術を受け、少なくとも8週間は離脱するという。

アリーザはディフェンスに定評ある貴重な選手であり、レイカーズにとって痛手であるのは間違いないだろう。

アリーザの離脱中はケント・ベイズモアやテイレン・ホートン・タッカー、マリク・モンクなどがウィングのポジションでより長くプレイすることになりそうだ。

なお、アリーザは順調に回復すれば12月中に復帰できる見込みだ。

アリーザの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数301094
平均出場時間28.029.7
平均得点9.410.5
平均リバウンド4.84.8
平均アシスト1.82.1
平均スティール1.01.5
平均ターンオーバー0.71.3
FG成功率41.1%42.3%
3P成功率35.0%35.2%
フリースロー成功率77.3%73.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA