【スポンサーリンク】

パオロ・バンケロ「NBAではピック&ロールに慣れなければならない」

パオロ・バンケロ「NBAではピック&ロールに慣れなければならない」

今年のNBAドラフト1位でオーランド・マジックに入団したパオロ・バンケロには、マジックをNBAプレイオフ復帰に導く選手への成長が期待されている。

だが、バンケロはまずNBAで多用されているシステムをマスターしなければならないと感じているようだ。

バンケロによると、大学時代とは異なり、NBAではピック&ロールに慣れなければならないという。バンケロのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

大学ではアイソレーションが多かった。

だから、アイソレーションのプレイを読むのには慣れている。

僕はハンドラーとして、ローラーとして、ピック&ロールを読むのにもっと慣れなければならない。

スピードを上げなければならない。

いつもより読むのが遅いと感じているんだ。

バンケロによると、ピック&ロールの練習にはすでに取り組み、改善はされてきているという。

今後はピック&ロールのスピードを上げ、判断力を身につけなければならないというバンケロ。

まだ19歳と若いバンケロはシーズンを通して多くを学び、NBAを代表する選手のひとりに成長するだろう。

なお、バンケロのプレシーズン2試合のスタッツは以下の通りとなっている。

MEM戦SAS戦
出場時間2422
得点89
リバウンド25
アシスト13
スティール23
ブロックショット10
ターンオーバー41
FG成功率22.2%
(2/9)
37.5%
(3/8)
3P成功率0%
(0/2)
0%
(0/1)
フリースロー成功率100%
(4/4)
100%
(3/3)
+/--18+4

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA