【スポンサーリンク】

ネッツがディアンドレ・ジョーダンをピストンズへトレード

ネッツがディアンドレ・ジョーダンをピストンズへトレード

ブルックリン・ネッツとデトロイト・ピストンズの間でトレードが合意に達した模様。

ESPNの記者によると、このトレードでネッツは元NBAオールスターセンターのディアンドレ・ジョーダンと未来のNBAドラフト指名権4つ、578万ドルのキャッシュを放出し、ピストンズからビッグマンのジャリル・オカフォーとセコウ・ドゥンブヤを獲得するという。

なお、ピストンズはジョーダンをロスターに残さず、バイアウトで放出する見込みだ。

サラリーキャップの問題に苦しむネッツは、このトレードで4700万ドルを節約できるという。

ただし、前日にポール・ミルサップと契約合意に至り、現地3日にラマーカス・オルドリッジと1年契約で合意したうえ、カイリー・アービングおよびジェイムス・ハーデンとの契約も控えている。

なお、来季の契約がチームオプションとなっているオカフォーとドゥンブヤについては、ロスターに残さない見込みだ。

一方、ジョーダンはピストンズをバイアウトで離れた後、NBAタイトルコンテンダーのロサンゼルス・レイカーズと契約する見込みとなっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA