【スポンサーリンク】

ウィザーズがギャリソン・マシューズに対するクオリファイングオファーを撤回

ウィザーズがギャリソン・マシューズに対するクオリファイングオファーを撤回

ワシントン・ウィザーズは先日、NBAキャリア2年目を終えたギャリソン・マシューズに対し、クオリファイングオファーを提示した。

これによりマシューズは制限付きFAとなり、ウィザーズはマシューズに対するいかなるオファーにもマッチできる権利を得たわけだが、ウィザーズに方針転換があった模様。

The Athleticによると、ウィザーズはマシューズに対するクオリファイングオファーを撤回し、マシューズは完全FAになるという。

ウィザーズはラッセル・ウェストブルックを放出したトレードでカイル・クーズマ、モントレズ・ハレル、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープを獲得。

また、このトレードには他のNBA3チームが加わり、スペンサー・ディンウィディを獲得することになったわけだが、このトレードによりウィザーズのロスターは14選手となる見込み。

残り1枠空きがあるが、サラリーキャップの関係上その枠は空けたままにしておき、キャップに柔軟性を持たせるためにマシューズに対するクオリファイングオファーを撤回したと見られている。

マシューズは過去2シーズン同様2ウェイ契約でウィザーズに残留する可能性があるが、他のNBAチームからオファーがあれば検討することになるだろう。

なお、マシューズの昨季とルーキーシーズンのスタッツは以下の通りとなっている。

2019-202020-21
出場試合数1864
平均出場時間12.616.2
平均得点5.45.5
平均リバウンド1.31.4
平均アシスト0.60.4
平均スティール0.40.5
平均ターンオーバー0.40.2
FG成功率42.9%40.9%
3P成功率41.3%38.4%
フリースロー成功率91.2%88.4%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    絶対残すべき選手だと思うけどな〜

*

CAPTCHA