【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルックのトレードが合意

ラッセル・ウェストブルックのトレードが合意

ワシントン・ウィザーズとロサンゼルス・レイカーズの間でトレードが合意に達した模様。

The Athleticの記者によると、レイカーズはこのトレードでNBAオールスターガードのラッセル・ウェストブルック、2024年のNBAドラフト2巡目指名権、2028年のNBAドラフト2巡目指名権を獲得し、カイル・クーズマ、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、モントレズ・ハレル、今年のNBAドラフト22位指名権を放出したという。

このトレードにより、来季のレイカーズはウェストブルック、レブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビスという超強力なトリオを中心として戦うことになった。

また、ウェストブルックをトレードで獲得したため、デニス・シュルーダーに再契約をオファーする可能性は低くなったと言えるだろう。

レイカーズは今後、アウトサイドシューターとインサイドの強化に動くと見られている。

また、コールドウェル・ポープを失ったため、ディフェンダーの補強にも注力したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA