【スポンサーリンク】

ウィザーズがラッセル・ウェストブルックをトレードするのはブラッドリー・ビールのため?

ウィザーズがラッセル・ウェストブルックをトレードするのはブラッドリー・ビールのため?

ワシントン・ウィザーズはNBAドラフト当日の現地30日、NBAオールスターガードのラッセル・ウェストブルックをトレードで放出した。

ウェストブルックのトレードはブラッドリー・ビールの決断次第とされていたが、ウェストブルック自身が他のNBAチームへの移籍を希望していたという。

ウィザーズはウェストブルックをロサンゼルス・レイカーズにトレードし、NBAドラフト指名権とカイル・クーズマ、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、モントレズ・ハレルを獲得した。

ウィザーズがトリプルダブルマシーンであるウェストブルックのトレード要求に応じるのは、ビールのためなのかもしれない。

hoopsrumors.comによると、ウィザーズはウェストブルックをトレードで放出することによりキャップに余裕を持たせ、ビールをサポートできるベテラン選手たちを加えることを計画しているという。

気になるのはトレードを要求すると報じられているビールだが、現時点ではトレードは要求せず、来季もウィザーズのユニフォームを着てプレイする可能性が高いとされている。

だが、ビールは来年夏にオプションを破棄してFAになる可能性があるため、ウィザーズとしてはこのオフシーズン中にロスターをアップグレードし、ビールを残留させるべく積極的に動きたいところだろう。

ビールにとっては我慢の時間となるかもしれないが、ウィザーズがロスターを適切に補強し、NBAタイトルを争えるチームを構築することを期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA