【スポンサーリンク】

CJ・マッコラムがデニス・シュルーダーに「今は怒っているだろう」

CJ・マッコラムがデニス・シュルーダーに「今は怒っているだろう」

昨季をロサンゼルス・レイカーズで過ごしたデニス・シュルーダーは先日、ボストン・セルティックスと1年590万ドルの契約を結んだ。

シュルーダーは1億ドル以上の契約を望んでいたというから、今回の契約はシュルーダーに対する評価の低さを表していると言えるだろう。

そんな中、NBPAの会長に就任したポートランド・トレイルブレイザーズのCJ・マッコラムが、シュルーダーの状況に言及した模様。マッコラムのコメントをtalkbasket.netが伝えている。

彼は1年契約でプレイする状況だ。

彼は多くのことを証明しなければならない。

今の彼はおそらく怒っているだろうね。

この状況に少し不満を持っているだろう。

だが、それをモチベーションにしている。

(昨季の)ジョン・コリンズと同じような状況になったんじゃないかな。

良い点のひとつは、モチベーションを高めることができるということ。

また、何が問題なのか理解できることだ。

彼は(レイカーズからのオファーを)断り、590万ドルの契約でプレイすることになった。

来季は多くのことがかかったシーズンになることを、彼は分かっているはずだ。

彼のアプローチ、マインドセット、メンタリティは昨季と異なるものになるんじゃないかな。

シュルーダーは昨季中にレイカーズから4年8400万ドルの延長契約をオファーされたものの、これを拒否。

FA市場で1億ドル契約を狙ったが、シュルーダーにオファーを出すNBAチームはほとんどなく、セルティックスと1年590万ドルの契約を結ぶこととなった。

来年夏は再びFAになるため、1億ドル契約を狙うためにもセルティックスを牽引するパフォーマンスを見せたいところだろう。

現在27歳のシュルーダーにとって、来季は今後のNBAキャリアを左右する重要なシーズンとなりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA