【スポンサーリンク】

ジョン・ウォールのトレードもしくはバイアウトは実現しない?

ジョン・ウォールのトレードもしくはバイアウトは実現しない?

元NBAオールスターポイントガードのジョン・ウォールは昨年11月、ヒューストン・ロケッツと話し合った結果、試合に出場しないことで合意した。

ロケッツはウォールをバイアウトで放出せず、トレードで見返りを得ることを狙っているというが、ウォールが今季のNBAゲームに出場することはないのかもしれない。

RealGMによると、ウォールのトレードもしくはバイアウトが今季中に実現する可能性は極めて低いという。

ロケッツがウォールをトレードで放出することを望んでいる一方で、他のNBAチームはロケッツがウォールをバイアウトするのを待っているとされている

ウォールの怪我の歴史と大型契約がそうさせていると見られているが、もしどちらも実現しないなら、ウォールは今季のNBAゲームを外から眺めるだけになるだろう。

なお、ウォールはシーズン序盤にロケッツに対してNBAゲーム復帰を求めたというが、ロケッツはウォールの要求に応じなかったと報じられている。

果たしてウォールはいつまでNBAゲームから離れることを強いられるのだろうか?

なお、ウォールの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数40613
平均出場時間32.235.6
平均得点20.619.1
平均リバウンド3.2
(キャリアワースト)
4.3
平均アシスト6.9
(キャリアワースト)
9.1
平均スティール1.1
(キャリアワースト)
1.7
平均ターンオーバー3.53.8
FG成功率40.4%
(キャリアワースト)
43.1%
3P成功率31.7%32.3%
フリースロー成功率74.9%77.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA