【スポンサーリンク】

ディオン・ウェイターズ トレードの可能性は?

クリーヴランド・キャバリアーズがキャリア2年目のディオン・ウェイターズをトレード要員としてピックアップしているという噂があがっている。

キャブスの先発シューティングガードとして活躍しているウェイターズは、本当にトレードされるのだろうか?

情報筋によると、ニューヨーク・ニックス、シカゴ・ブルズ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズと話を進めているという。

キャブスはオールスタープレイヤー、カイリー・アービングを中心としたチーム作りを進めているが、ウェイターズはアービングに次ぐスコアリングが期待できるプレイヤーだ。

先日の試合後、トレードの可能性について質問されたウェイターズは、「根も葉もない噂だよ。どこから出てきたんだろうね」と噂について一蹴している。

ただ気がかりなのは、キャブス首脳陣とアービングの関係だ。

一部報道では、キャブス首脳陣とアービングの関係は悪化しているという。

確かに、マイク・ブラウンHCはアービングに対し、「もっとパスを回せ」など、不満ともとれる発言をしている。

今年のオフシーズン、「キャブスでプレイし続けたい」とコメントしていたアービングだが、マイアミ・ヒートへ去ったレブロン・ジェイムスの二の舞となる可能性も否めない。

アービングはジェイムスのようにキャブスを去ったとすると、今度はアービングではなく、キャブス首脳陣に強烈なブーイングが浴びせられることになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA