【スポンサーリンク】

ティム・ダンカンとトニー・パーカー スパーズ王朝について語る

ティム・ダンカンがサンアントニオ・スパーズに入団した1997年以降、スパーズは17シーズンにわたってプレイオフ進出を続けている。

この間にNBAタイトルを4度獲得し、5度目の優勝を目前にしているスパーズだが、2~3年のサイクルでチーム力は変わると言われている中、長年にわたるスパーズの成績は異常なまでに素晴らしい。

まさに“スパーズ王朝”といえるだろう。

そのチームを支えてきたのが、ダンカンやトニー・パーカーだ。

スパーズが最後にNBAタイトルを獲得したのは2007年になるのだが、毎年のNBAタイトルを獲得して以来、毎年のように“スパーズ王朝の終焉”に注目が集まっている。

そのことについてダンカンは、「俺たちは毎年プレイオフに出てる。そしてみんなで最高のチームに作り上げようとしてるんだ。周りが言ってることなんて問題じゃないよ」とコメント。

パーカーは、「この7~8年間、同じことを言われているよね。まあ、それも分かるよ。俺たちは毎年歳をとってるんだから。でも、いつもカムバックして、限界を押し上げてるんだ。特にティミー(ダンカン)とマヌ(・ジノビリ)はね。俺たちはすごいバスケットボールをやり続けてるだけさ」と話している。

日本時間16日、いよいよ2014年NBAファイナル第5戦が行われるわけだが、スパーズが勝利すれば2006-07シーズン以来のNBAタイトル獲得、ダンカンにとっては自身5個目のチャンピオンリングとなる。

ベテランと若手が見事に融合したスパーズがどのような形で今シーズンを締めくくるのか、注目したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA