【スポンサーリンク】

シクサーズ マイケル・カーター・ウィリアムスのトレードでダンテ・エグザム獲得か?

今年のNBAドラフトに参加するダンテ・エグザムは、それほど有名ではない。

約198cmのコンボガードは約211cmのウィングスパンを誇るうえ、クイックネスやボールハンドリングにも優れている。

バスケットボールIQも高く、ドラフトでは注目のひとりといえるだろう。

ドラフト3位指名権を持つフィラデルフィア・セブンティシクサーズも、エグザム獲得に興味を示しているチームのひとつだ。

2013-14シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞したマイケル・カーター・ウィリアムスとコンビを組ませれば、リーグ有数のサイズを誇るバックコートとなるだろう。

だが、シクサーズはカーター・ウィリアムスをトレードに出すことを検討していると噂されている。

情報筋によると、シクサーズはカーター・ウィリアムスとエグザムを組ませた場合、そのシューティング能力を不安視しているという。

確かに両選手のシューティング能力はそれほど高くないが、ビッグサイズのバックコートは魅力的だ。

今年のNBAドラフトでは、アンドリュー・ウィギンス、ジョエル・エンビード、ジャバリ・パーカーがトップ3で指名されると言われている。

シクサーズもこれらの選手を指名すると見られているが、次の指名権でエグザムを獲得できない場合、カーター・ウィリアムスをトレードに出し、エグザム獲得を狙うというのだ。

なお、オーランド・マジックが4位指名権でエグザムを獲得すると噂されている。

ルーキー・オブ・ザ・イヤー受賞選手を1シーズンで放出することになるのか、シクサーズの再建プランに注目したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA