【スポンサーリンク】

カーメロ・アンソニー「リスクを背負った」

ニューヨーク・ニックスのスター、カーメロ・アンソニーは、左肩に爆弾を抱えていることを理解している。

昨季終盤に左肩の肩回旋筋腱板及び上唇を損傷したアンソニーだが、オフ期間中には手術を受けていない。

その代わり、このオフには集中的なリバビリと負傷を悪化させないためのトレーニングを行ったようだ。

自身についてアンソニーは以下のようにコメントした。

「手術を受けなくて良かったから、本当にホッとしてるよ。でも手術を受けなかったということは、それだけリスクを背負ったということ。だから、このオフはリハビリとトレーニングに多くの時間を費やさないといけなかったんだ」

ニックスには数多くのスコアラーがいるものの、やはりアンソニーが絶対的なエースだ。

アンソニーが負傷を悪化させることなくプレイできれば、優勝候補の一角となるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA