【スポンサーリンク】

絶不調のロイ・ヒバート「プレイし続けなきゃいけない」

インディアナ・ペイサーズのセンター、ロイ・ヒバートが完全に自信を消失している。

アトランタ・ホークスとのプレイオフ・ファーストラウンド第1戦でも、コート上で最もサイズのあるヒバートは存在感を失っていた。

目立ったシーンといえば、約2mのカイル・コーバーに2度もブロックショットされるという屈辱的なシーンだけだろう。

ペイサーズにとって約218cmのヒバートはペイントエリア内での中心的な選手だ。

ヒバートなしでペイサーズの躍進はなかったといっても過言ではない。

そのヒバートが、なぜここまで不振に陥っているのだろうか。

第1戦でホークスに101-93で敗れた後、ヒバートは落胆した様子で次のようにコメントした。

「プレイし続けなきゃいけないんだ。フックショット、ポジション取りとか、練習でやってることを試合でもやらないと」

この試合では、オープンだったとはいえ、ショットクロック10秒を残して3Pを打つという失態も犯してしまった。

これまでヒバートが3P付近でパスを受けるというシーンはほとんどなく、NBAキャリア6年の間に放った3Pはわずか20本だ。

ここ5試合でFG37本中7本の成功、FG成功率18.9%、わずか17得点に留まっているヒバートに対しては、ペイサーズファンもフラストレーションを溜めていることだろう。

一方、チームメイトのランス・スティーブンソンはヒバートを擁護し、次のようにコメント。

「俺らはインサイドアウトのチーム。ロイがいるから俺らは気持ちよくプレイできるし、ドライブだってできるんだ」

果たしてプレイオフ期間中にヒバートは復活できるのか。

もし復活できないようなら、打倒マイアミ・ヒートどころではない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA