【スポンサーリンク】

ブレイク・グリフィン ウォリアーズファンに水をかける

オーバーリアクションでファウルをもらうがために、ロサンゼルス・クリッパーズのブレイク・グリフィンは他チーム、そして他チームのファンから誹謗中傷のターゲットにされやすい。

だが、コート外でのグリフィンは決して悪い人間ではなく、それは誰もが理解している。

しかしながら、その考えが変わってしまったファンもいるのではないだろうか。

日本時間20日のプレイオフ・ファーストラウンド1回戦で、ブレイク・グリフィンがゴールデンステイト・ウォリアーズのファンにカップ1杯の水をぶちまけた。

謝罪もせずにその場を立ち去るグリフィンに対し、ウォリアーズファンは激高していることだろう。

ファウルトラブルでフラストレーションを溜めていたとはいえ、ファンに対してそのような行為を働くのは許されることではない。

グリフィンがわざと水をかけたとは言い切れないが、映像を見る限りでは少なくとも“水をかけた”という認識はあるはずだ。

もちろん、本来のグリフィンはこのようなことをする人間ではない。

だが、この行為によってウォリアーズファンを完全に敵に回してしまった。

この試合はクリッパーズのホームゲームだったが、ウォリアーズのスタジアムではブーイングが鳴り止まないことになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA