【スポンサーリンク】

ペイサーズ ポール・ジョージら主力に休養を与える

不振に陥っているインディアナ・ペイサーズだが、先日の試合に敗れた後、フランク・ボーゲルHCは選手たちに疲れを感じていた。

今季中盤までイースタン・カンファレンス首位通過が期待されていたペイサーズは、オールスターブレイク以降まさかの失速。

マイアミ・ヒートにイースト首位の座を奪われてしまったことで、燃え尽き症候群に陥っている選手もいるという噂もある。

レギュラーシーズン4試合を残しているペイサーズだが、ボーゲルHCはポール・ジョージ、デイビッド・ウェスト、ロイ・ヒバートら主力選手に休養を与えるようだ。

日本時間10日の対ミルウォーキー・バックス戦での起用法について質問されたボーゲルHCは、以下のようにコメント。

「全員は出場させない。最後の4試合は休みを与えるつもりだよ。休みを与えれば、プレイオフにリフレッシュして挑めると思う」

どのNBA選手も厳しいレギュラーシーズンをこなし続けているため、ペイサーズの選手も肉体的な疲労は特に問題ないと考えられるが、おそらく精神的な疲労がかなり溜まっているのだろう。

グレッグ・ポポビッチHCやエリック・スポエストラHC、ドック・リバースHCなど一流HCはプレイオフへ向けて選手たちにうまく休みを与えている。

NBAタイトル獲得を狙うためにも、ボーゲルHCの決断は正しいと言えるのではないだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA