【スポンサーリンク】

ケント・ベイズモア 腓骨筋腱断裂で今季絶望

今季途中にゴールデンステイト・ウォリアーズからロサンゼルス・レイカーズへと移籍したケント・ベイズモアが腓骨筋腱断裂で今季絶望となった。

平均13.1得点、3P成功率37%、1.3スティールのアベレージを記録したベイズモアは、不振を極めたレイカーズの中でも活躍が目立った選手のひとりといえるだろう。

先日の対ロサンゼルス・クリッパーズ戦で負傷したベイズモアだが、MRK検査を受けたところ、右足の腓骨筋断裂が判明。

今後手術を受ける予定となっており、復帰までのタイムスケジュールは手術後に発表される見込みだ。

なお、今季終了後にFAとなる可能性があるが、レイカーズが契約を更新するかは未定となっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA