【スポンサーリンク】

アイザイア・トーマス 負傷退場のレブロン・ジェイムスに「ジョーダンでもプレイできない」

空調設備が故障したAT&Tセンターで行われた2014年NBAファイナル第1戦、マイアミ・ヒートのレブロン・ジェイムスは足の痙攣を訴え、試合終盤での退場を余儀なくされた。

ジェイムスはフラストレーションを溜め込んでいる様子だったが、かつてバッドボーイズの一員としてデトロイト・ピストンズでプレイしていたレジェンド、アイザイア・トーマスは、ジェイムスを擁護しているようだ。

「足が痙攣してるのにプレイを続けるアスリートなんてこの星には存在しないよ。マイケル・ジョーダンだってそうだった。もちろん俺もね。アスリートとして彼(ジェイムス)ができることはないんだ」

ジェイムスは試合後、「ベンチに座っているだけではチームを助けることができない」と話していたが、トーマスはそのジェイムスの気持ちを汲んで発言したのだろう。

この試合でヒートが敗れたのは、決してジェイムス一人の責任ではない。

それでも責任を感じているジェイムスなら、第2戦でNBAトッププレイヤーとしてのパフォーマンスを披露してくれるはずだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA