【スポンサーリンク】

ジョアキム・ノア「プレイオフが待ちきれない」

NBA2013-14シーズンのイースタン・カンファレンス首位の座は、マイアミ・ヒート(52勝22敗)とインディアナ・ペイサーズ(53勝23敗)のいずれかになる。

イースト3位の座をかけて、シカゴ・ブルズ(43勝32敗)とトロント・ラプターズ(43勝32敗)、イースト5位の座をかけてブルックリン・ネッツ(40勝34敗)とワシントン・ウィザーズ(39勝36敗)が争っている状況だ。

現在のところ、ブルズはプレイオフ・ファーストラウンドでネッツもしくはウィザーズと戦う可能性が高い。

昨年のプレイオフでもネッツと対戦したブルズだが、ネイト・ロビンソン(現デンバー・ナゲッツ)の活躍により、ネッツにいわゆる“ネイト・メア”をもたらした。

今季のネッツとの対戦成績は2勝1敗、ウィザーズとの対戦成績は0勝2敗。

相性的にはネッツのほうが良いといえるだろう。

だが、ジョアキム・ノアにとって対戦相手は関係ないようだ。

「ただ良いバスケをするだけさ。俺たちのゲームをして、勝利に全力を尽くす。今からプレイオフが待ちきれないよ」

デリック・ローズを負傷で欠き、さらにはネイト・ロビンソン、マルコ・ベリネリ、ルオル・デンを放出したブルズがここまでの成績を残すとは、誰が予想しただろうか。

今のブルズには、サンアントニオ・スパーズのような“チーム力”の高さを感じずにはいられない。

今年のプレイオフでもブルズの闘志あふれるパフォーマンスに期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA