【スポンサーリンク】

アロンゾ・モーニングとミッチ・リッチモンドが殿堂入りか?

今年のNBA殿堂入り候補に、アロンゾ・モーニングとミッチ・リッチモンドの名が挙がっていると報じられた。

これまでモーニングとリッチモンドの他、ティム・ハーダウェイ、ケビン・ジョンソン、スペンサー・ヘイウッドが殿堂入り候補として挙げられていたが、現在のところ上記2名が残っているという。

センターとしてプレイしていたモーニングは、決してサイズに恵まれていたとはいえない。

ハキーム・オラジュワンやデイビッド・ロビンソン、パトリック・ユーイング、シャキール・オニールと比較すると、まさにスモールセンターと言えるだろう。

だが、ペイントエリア内でのディフェンスは圧倒的だった。

シャーロット・ホーネッツでNBAキャリアをスタートさせたモーニングは、ホーネッツに大幅なサラリーアップを要求したが受け入れられず、マイアミ・ヒートへトレード。

ヒート初のスタープレイヤーになったといっても過言ではないほどの活躍を見せ、現在のヒートの基礎を作り上げた。

腎臓に疾患を抱え、2003年にNBAを引退したが、不屈の闘志で病気を克服したモーニングはNBAの舞台に復帰。

2006年にはロールプレイヤーとしてヒートの優勝に貢献している。

アロンゾ・モーニング 主な経歴

  • 17.1得点
  • 8.5リバウンド
  • 2.8ブロック
  • FG成功率52.7%
  • FT成功率69.2%
  • オールディフェンシブ・ファーストチーム(1999-00、1998-99)
  • オールルーキー・ファーストチーム(1992-93)
  • オールNBAファーストチーム(1998-99)
  • NBAディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー(1999-00、1998-99)
  • オリンピック金メダル(2000)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA