【スポンサーリンク】

クライド・ドレクスラーがトレードを要求した理由は「ブレイザーズが再建し始めたから」

クライド・ドレクスラーがトレードを要求した理由は「ブレイザーズが再建し始めたから」

NBA屈指のダンカーだったクライド・ドレクスラーは、キャリアの大半をポートランド・トレイルブレイザーズの一員として過ごした。

だが、ブレイザーズでのキャリア終盤は怪我に苦しめられ、1994-95シーズン中のトレードでヒューストン・ロケッツへ移籍。

ドレクスラー自らトレードを画策したことに多くのブレイザーズファンは驚いたが、ドレクスラーによると、チームがロスターを再構築し始めたためにトレードを要求したという。

ドレクスラーは当時のトレード要求について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

私がポートランドを去った唯一の理由は、彼らが再建し始めたことだ。

素晴らしいシーズンを何年も送った後、私が膝を怪我したから、彼らは早く諦めてしまったのさ。

彼らは(センターの)ケビン・ダックワースを手放した。

私は「ちょっと待ってくれ。センターがいなくなってしまうぞ」という感じだったよ。

すると彼らはこう言い始めたんだ。

「我々は再建しなければならない。ベテランの選手たちがプレイできるうちにトレードで放出しなければならない。彼らと引き換えに何かを得ることができるだろう」とね。

だから私はヒューストンへのトレードを指揮した。

だが、もし彼らが再建に動かなければ、僕はポートランドでキャリアを終えていただろう。

トレードでロケッツに移籍した当時のドレクスラーは、まだ32歳。

怪我はあったものの、まだまだNBAでプレイできると感じていたという。

ロケッツ移籍後にオールスターに返り咲き、ロケッツの一員としてNBAキャリアを終えたドレクスラー。

今のブレイザーズにはデイミアン・リラードという絶対的なエースがいるが、リラードがドレクスラーと同じ状況にならないことを祈りたい。

なお、ドレクスラーのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリアスタッツ
出場試合数1086
平均出場時間34.6
平均得点20.4
平均リバウンド6.1
平均アシスト5.6
平均スティール2.0
平均ターンオーバー2.7
FG成功率47.2%
3P成功率31.8%
フリースロー成功率78.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA