【スポンサーリンク】

ステフィン・カリー「ボブキャッツに負けたのは最悪」

ステフィン・カリー「ボブキャッツに負けたのは最悪」

日本時間12月10日の対シャーロット・ボブキャッツ戦で、ステフィン・カリー率いるゴールデンステイト・ウォリアーズは激しい撃ち合いの末、111-115で敗れた。

ウォリアーズの選手の中には、すぐにシャワーを浴びた者もいれば、敗れたことに愕然とし、座り込んでスタッツシートをじっと見つめる者もいた。

今季はここまで10勝11敗と好調なボブキャッツが相手だったとはいえ、昨季まではドアマットチームの汚名を着せられていたチームだ。

そのボブキャッツに全クオーターで26得点以上を許して敗れたウォリアーズにとって、ショックは相当大きかったのだろう。

シーズンハイの42得点に加え、9アシスト、6リバウンド、2ブロックショットと目覚しい活躍を見せたカリーは、次のように話している。

「まだシーズンは序盤だけど、今日の負けは最悪だよ」

また、カリーに次ぐ22得点、5アシスト、1ブロックショットを挙げたクレイ・トンプソンは、「今日の負け以上に悪いことは起こらないと思うよ」とコメント。

確かにボブキャッツは決して強いチームとはいえない。

だが、NBAキャリア3年目のケンバ・ウォーカーをはじめ、成長株の若手が多いチームでもある。

カリーとトンプソンのコメントを耳にしたボブキャッツの面々は、腸が煮えくり返っているに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA