【スポンサーリンク】

ジョアキム・ノア カーメロ・アンソニーの勧誘を継続か?

シカゴ・ブルズのジョアキム・ノアは、オールスター時にニューヨーク・ニックスのカーメロ・アンソニーに対し、ブルズに来るよう勧誘していたと言われている。

情報筋によると、ノアは現在でもアンソニーの勧誘を続けているという。

一方で、アンソニーを獲得するためにブルズはタージ・ギブソンを放出するとも噂されているが、ノアはギブソンを犠牲にしたくないと考えているようだ。

つまり、もしアンソニーがブルズに移籍するなら、大幅なサラリーカットを受け入れなければならない。

アンソニーは、チームがどのようなロスターを組み立てていくか見てから今後を考えたいと話している。

アンソニーにとって重要なのは勝利なのか、金銭なのか、それとも家族なのか。

重要な決断を迫られているアンソニーは、まずそこから考えることになるだろう。

果たして来季はどのチームでプレイするのか、注目が集まる。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By バスケ大好き

    メロはどうなんでしょうね。優勝のために減額を飲むというのは殊勝な心がけだと思うのですが、前のメロドラマの時の態度を考えるとそんなことをするとは思えないです。メロって体調管理には疎いこともあって現役でいられる残りはそんなに長くないと思いますし。それに嫁さんの意向も関わってくるので。

    私は今のメロがブルズに入ってうまくいくとは全く思わないのですが、もう何年も意識改革をしなくちゃいけないと言い続けてますけど、その意識改革ができたとしたら面白いと思っています。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)
      確かにそうですよね。ポゼッション率とかで見るとメロってコービーっぽいですよね。
      個人的にはニックス残留を希望してます。

*

CAPTCHA