【スポンサーリンク】

マイク・ウッドソン「来季もチームをコーチしたい」

フィル・ジャクソンが球団社長に就任したニューヨーク・ニックスは、マイク・ウッドソンを解雇する決断を下した。

来季も続投を希望していたウッドソンだったが、ニックスでの道は絶たれてしまったのだ。

解雇された今、ウッドソンはバスケットボールのコーチを続けることを希望している。

ウッドソンは電話インタビューで、「コーチングの仕事に戻りたい」とコメント。

ウッドソンはニックス史上3番目となる勝率を残した。

だが、JR・スミスやアンドレア・バルニャーニとの確執も噂されており、今季のニックスは低迷。

それでも、ウッドソンが優秀なヘッドコーチであることには違いない。

現在、ヘッドコーチを探しているのは、ロサンゼルス・レイカーズ、ミネソタ・ティンバーウルブズ、ユタ・ジャズ、ニューヨーク・ニックスの4チームだ。

果たしてウッドソンにこれらのチームのヘッドコーチが務まるだろうか。

ジョージ・カール、ライオネル・ホリンズ、スタン・バン・ガンディらNBAヘッドコーチ経験者に加え、カレッジのケビン・オリー、フレッド・ホイバーグ、トム・イゾー、ジョン・カリパリらにもNBAチームは焦点を当てている。

ウッドソンはこれらの人物とヘッドコーチの枠をかけて戦うわけだが、現時点でウッドソンの勝算は低い。

もしバスケットボールのコーチングを来季も続けたいなら、カレッジのヘッドコーチ、もしくはアシスタントコーチも視野に入れるべきだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA