【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス ランス・スティーブンソンの奇行について語る

レブロン・ジェイムスの耳に息を吹きかけるなど、マイアミ・ヒートのシリーズで気まぐれな行動が目立っていたランス・スティーブンソンは、第5戦の後にインディアナ・ペイサーズ球団社長のラリー・バードから注意を受けていた。

だが、第6戦でも奇行に出てしまい、ペイサーズはヒートに大敗。

第6戦で奇行に出たのは、おそらくチームがどうしようもない絶望的な状況に立たされたからだろう。

第5戦で息を吹きかけられたとき、ジェイムスはなんとか耐えてみせた。

だが、第6戦で口元を軽く叩かれたときは、さすがに我慢ならなかったようだ。

「確かにあれは不必要。なぜやったのか分からない。言葉も出なかった。彼には俺がどんな気持ちだったのか伝えたよ」

また、スティーブンソンの奇行については、ペイサーズのフランク・ボーゲルHCもチームの努力を台無しにする行為とし、非難している。

この奇行がスティーブンソンの契約にどのような影響をもたらすのか、この夏のスティーブンソンとペイサーズに注目が集まるのは間違いない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By Z

    戦略だなんて言ってるのはINDファンかアンチレブロンぐらいのもの。
    チープな挑発を繰り返すランスにウンザリするCFでした。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      レブロンの対応は結構大人なほうだったと思ってます(^_^;)
      ワールドピースにやってほしい・・・

  2. By ロン

    あれも戦略なんだから
    外野がとやかく言う必要がないわな

    レブロンもあんな挑発に乗るとわな

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      あの挑発に乗らない選手っているんですかね(^_^;)

  3. By バスケ大好き

    私だったらブチキレてるとしか言いようがないです。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      私もです笑

*

CAPTCHA