【スポンサーリンク】

セルティックス、ウォリアーズ、ヒート間でトレードが成立

セルティックス、ウォリアーズ、ヒート間でトレードが成立

ボストン・セルティックス、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、マイアミ・ヒートの3チーム間でトレードが成立したと報じられた。

セルティックスはヒートからジョエル・アンソニーとドラフト1巡目指名権を、ウォリアーズはセルティックスからジョーダン・クロフォードとマーション・ブルックスを、ヒートはウォリアーズからトニー・ダグラスを獲得する。

目玉となったのはウォリアーズのクロフォード獲得だが、復帰間近とされるレイジョン・ロンドが戻ってきた場合、クロフォードのプレイングタイムは少なくなると予想されていた。

今季、クロフォードは平均13.7得点、5.6アシストを記録している。

また、ウォリアーズはステフェン・カリーのバックアップとしてトニー・ダグラスに期待していたものの、左脛骨の負傷などで14試合を欠場。

試合に出た際も期待されたパフォーマンスを見せられずにいた。

セルティックスから獲得したブルックスは、カリーのバックアップとして起用される見込みだ。

トニー・ダグラスを獲得したヒートだが、先発ポイントガードのマリオ・チャルマーズがアキレス腱の痛みで欠場を続けているため、ダグラス獲得に乗り出したと見られる。

また、ヒートはジョエル・アンソニーを放出したことでサラリーの削減に成功。

今後、アンドリュー・バイナム獲得に乗り出すと噂されているようだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    ウォリアーズは賢いトレードをしましたね(・ω・)ノセルツは主力であるクロフォード放出ですか(・ω・)ノロンドの復帰のためでしょうか?(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^-^)

      セルツはロンド復帰でクロフォードのプレイングタイムが減るみたいなので、放出したらしいですね。
      ちょっと残念です(;_;)

  2. By 匿名

    ベンチが薄かったウォリアーズには最高のトレードでしたね。これからが恐ろしいです(笑)

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^-^)

      ウォリアーズの試合は観ていてワクワクしますよね!
      確かに末恐ろしいチームです\(^o^)/

*

CAPTCHA