【スポンサーリンク】

ウィザーズがスコット・ブルックスHCと決別

ウィザーズがスコット・ブルックスHCと決別

ワシントン・ウィザーズを率いたスコット・ブルックスHCの契約は、今季限りで満了となった。

先日はウィザーズのフロントオフィス内でブルックスHC続投の声が強まりつつあると報じられたが、ウィザーズは新たな指導者の下で再起することを決断した模様。

ウィザーズによると、ブルックスHCとは延長契約を結ばず、新たなヘッドコーチを探すことを決定したという。

ウィザーズは昨年のオフシーズン中にジョン・ウォールをトレードで放出し、ラッセル・ウェストブルックを獲得。

シーズン序盤は主力選手たちが相次いで離脱したこともあり、イースタン・カンファレンス下位に低迷したものの、ウェストブルックとブラッドリー・ビールの圧倒的なパフォーマンスによりNBAプレイオフ進出を果たした。

ウェストブルックとブラッドリー・ビールはブルックスの続投を求めていたが、ウィザーズとブルックスは延長契約について話し合った結果、合意には至らなかった。

なお、ヘッドコーチが退任するのはボストン・セルティックス、インディアナ・ペイサーズ、オーランド・マジック、ポートランド・トレイルブレイザーズ、ニューオーリンズ・ペリカンズに続き、ウィザーズがNBA6チーム目となる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA